人気キーワード
ナースシューズ
ナースグッズ・医療雑貨
聴診器・ステート
白衣・ナース服・ナースウェア
スクラブ

ナースは無理せず効率よく!秋からダイエット

スタッフ ツバサ
スタッフ ツバサ
ナースは無理せず効率よく!秋からダイエット

今年も痩せられないまま食欲の秋が来てしまった…とお嘆きのみなさん!
「秋は太りやすい」と思い込んでいませんか?
秋の穏やかな気候をうまく利用すれば忙しくてストレスフルなナースさんも
健康的にダイエットができますよ!その理由をご紹介します。



1.秋は痩せスイッチが入りやすい

秋は痩せスイッチが入りやすい

夏は汗をたくさんかくので代謝が上がり、痩せやすい季節だと思い込んでいる人が多いかもしれません。
しかし暑い時に上がるのは「新陳代謝」で、古い細胞が新しい細胞に入れ替わる代謝のことです。夏は爪や髪が伸びるのが早まる人が多いのもその影響です。


一方で、カロリーを消費してくれる「基礎代謝」は寒いほうが高くなります。気温が低いと体温を維持するために体の中で熱を生み出すからです。


暑い夏は、体温を上げる必要が少なく、基礎代謝が下がっています。同じカロリーを摂取していても、夏より秋や冬のほうが消費量が大きくなっているので痩せやすいと言えるのです。


秋からは少し薄着をし、積極的に階段を使うなどして服装に頼りすぎず自分で温まるようにすると痩せスイッチが入りますよ!



2.ナースは副交感神経を味方にせよ

ナースは副交感神経を味方にせよ

ダイエットの前に、自律神経を整えることが大切です。
自律神経が乱れていると代謝の低下・血行不良・便秘・暴飲暴食を呼び起こし、
ダイエットの効率が悪くなってしまいます。


自律神経は「交感神経」と「副交感神経」がバランスよく機能すると整います。
「交感神経」は心身を緊張させストレスから身を守る働きをします。
「副交感神経」はリラックスし血流や消化を促します。


日々忙しくストレスフルなナースさんは、交感神経が常に活発になりがち。
ですが、秋は穏やかな気候が交感神経を静めやすくしてくれます。通勤時には秋の澄んだ空や紅葉などの自然を見てリラックスしてみてください。そうすれば副交感神経が高まり、自律神経のバランスが整いやすくなります。



3.通勤時間をリズム運動時間に

通勤時間をリズム運動時間に

秋は「スポーツの秋」と言われるように、暑すぎず寒すぎず、身体を動かすのが気持ち良い季節です。
しかし、運動が趣味ではない人にとって、わざわざ貴重な休日にスポーツの予定を入れるのはハードルが高いですよね。


特にナースのみなさんはお友達と予定を合わせるのも一苦労だったり...。
そんな時は、通勤を運動の時間として習慣にしてしまいましょう!駅までの道を大きめの歩幅で歩いてみたり、エスカレーターやエレベーターはやめて階段をリズミカルに昇り降りしたりするのがおすすめです。


リズミカルな運動はセロトニンというホルモンの分泌を促します。ウォーキングやランニングで得られる爽快感や幸福感はセロトニン効果であると言われています。


「幸せホルモン」とも呼ばれるセロトニンには、過度な食欲を抑えてくれる効果もあります。また、睡眠の質を上げて「寝つき」と「目覚め」の切り替えをスムーズにする役割もするので、夜勤などで生活が不規則で暴飲暴食に走ってしまいがちなナースさんの強い見方になってくれます。


余談ですが...
セロトニンは下記の方法でも増やすことができます。

  • ・日光浴(やさしい朝日を5分浴びる程度でOK)
  • ・感動の涙を流す(小説・漫画・映画などの世界に浸って泣く)
  • ・呼吸を整える(横隔膜を意図的に動かす腹式呼吸)

運動はしたくないけど食欲は抑えたいという方は、継続できそうなものから試してみてくださいね。



アンファミエでもリピーターの多い「らくらくステップシューズ」は、大きな歩幅ですいすい歩けるので勤務時間中の運動量アップと美姿勢をサポートします。車通勤の方や、普段歩くことが少ないという方は、勤務時間を有効に使う方法がありますよ!

ステップシューズ

4.ダイエットと相性が良い秋の味覚

ダイエットと相性が良い秋の味覚

積極的にセロトニンを増やして過度な食欲を抑えた上で、おいしい秋の味覚をいただきましょう。秋が旬のさんまは良い脂が摂れ、きのこ類はカロリーが低くて摂りたいビタミン・ミネラルがたっぷりです。


勤務中の休憩時間で食べる食事は、炭水化物が多めになりがちなので、皮ごと調理したお芋、お米は玄米を混ぜるなどをして、食物繊維と一緒に摂ることを意識しましょう。そうすればお腹の持ちも良いですよ。


ナースさんは体力も重要です。感染症が気になる冬に備えて、しっかり食べて体力を維持しましょう!



5.お正月太りを回避できる

お正月太りを回避できる

秋からダイエットを始めるのにはお正月太りを避けられるというメリットがあります。
なぜかというと、ダイエットの意識が高くなっているので年末年始のイベントたち(クリスマス、忘年会、お正月など)でごちそうを目の前にした時も自分で食欲をコントロールできるようになっているからです。


万が一、食べ過ぎてしまっても、運動習慣と痩せスイッチの継続効果で、戻すのに時間がかかりません。


1月や2月頃に、たっぷりと脂肪を蓄えてしまってからダイエットをするよりも、秋から始めておくほうがラクに効果が得られやすいのです。



6.まとめ

いかがでしたでしょうか?秋の穏やかな気候と旬の食材、自分自身の基礎代謝、体内のホルモンバランスなどを少しずつ味方につけることによって、無理なくダイエットを始められるということをご紹介しました。


ハードな業務をこなすために、ナースは心身ともに健康であることが重要です。ダイエット自身がストレスになってしまうと本末転倒です。快適に過ごせる時期に健康的な食生活と運動を習慣化して、無理なく効率よく痩せ体質を手に入れましょう!


今後もアンファミエコラムでは、ナースの皆さんのお役にたてるような情報を発信していきますので楽しみにしていてくださいね。



~ライタープロフィール~

【ツバサ】アンファミエスタッフ
職業柄、病院ではお仕事中のナースを見つめる視線が熱い。ナースから「同業者」と警戒されることもある。得意なことはお絵かき、苦手なことは料理。

らくらくステップシューズ

メルマガ登録

おすすめ記事や最新情報をお届けします。

メルマガ登録

公式LINE@

おすすめ記事や最新情報をお届けします。

友だち追加