忙しいナース必見!健康管理は食事の見直しから

ナースライター Tomoko
ナースライター Tomoko
新人看護師必見! 辞めたいと思ったとき実践したい4つのコト

長期に渡り猛威を振るっているコロナウイルス下でたくさんの人達が在宅ワークになりました。運動不足という悩みも出てきています。じつは筆者もその一人。夜勤専従で不規則な生活を送っているせいか、急激な体重増加に悩まされました。
そのときに実践したのは食事の見直しです。そのおかげでダイエットはもちろん、体調も良くなりました。また、海外に在住しているため、日本食の素晴らしさを実感しています。
今回は海外ナースの体験談をもとに食事の見直し、和食の素晴らしさについてご紹介します。


1.自己判断のダイエットには注意

体調管理するうえで食事は非常に重要です。当然のことですが、知識があってもそれを実行していなければ意味がありません。
最近は、ファスティングが流行して、自己判断で欠食する人もいるようです。しかし、ファスティングはただ食事を抜けばよいという物ではありません。食事を摂取しない分、ファスティング専用のドリンクで必要な栄養を補います。ただ、このドリンク選びにも注意が必要だそうです。むやみに行う事はかえって太りやすい体質になってしまうので、注意が必要だとも言われています。

また欠食のデメリットとして、頭がスッキリしなかったり、集中力散漫になったり、栄養素をため込みやすい身体になることがあるので、適切な方法を学ぶ必要があります。


2.海外で実感した和食の素晴らしさ

海外で実感した和食の素晴らしさ

日本は古き時代から1汁3菜と言われてきています。基本的な構成はご飯にみそ汁、主食に副菜。人によっては納豆や梅干し、お漬物も含まれるかもしれません。ここで注目したいことは、和食には発酵食品が意外と多く含まれていることです。
例えば、しょうゆや味噌、かつおぶし、お漬物(ぬか床、酒かす)は発酵食品になります。また、一杯晩酌なんてなると日本酒も発酵飲料になりますね。身近な物で例を挙げてみるだけでも発酵食品がたくさんあります。


私は日本にいる時は、和食の良さをあまり実感できずにいました。日常的に食べていたので、気づかなかったのです。しかし、海外で暮らすと食の欧米化が日常茶飯事になり、激太りしてしまいました。あまりにもショックだったので、まず食事の見直しをしようと原点に戻りました。なぜなら、海外と日本の食生活には大きな違いがあると感じたからです。


例えば、日本では普段からご飯やお味噌汁だったのが、海外に来てからは、牛肉ステーキに添え野菜がじゃがいもや人参のみで汁物や他に野菜はないといった食生活になりました。そして友人に誘われるままに外食をすると、日本よりもはるかに甘いデザートを口にし、場所を変えてアルコールを飲むといった流れになることが多かったのです。


こうした食生活を振り返ると、大きな違いがあきらかです。さらに私が体重増加に気付かなかった最大の理由は、この国の家に体重計がないということ。日本では家に体重計があるので毎日使っていましたが、その習慣が抜けていることに気づいた時には遅かったのです。


そんなことがあり、まずは食生活を変えようと決断しました。もちろん和食に近い内容を続けていくことに。すると急激な体重増加はなくなり、風邪を引きにくくなりました。バランスの良い食生活にしたおかげで体調面には効果が見られました。


3.味噌の効能に注目

体調の変化を実感したので、口にするものには、気を遣うようになりました。最近では手作り味噌を仕込んだり、ポン酢を手作りしてみたりしています。
手作り味噌のメリットは麹菌が生きていること。じつは麹菌が死んでいると、それ以上発酵が進まないため、発酵食品ではなくなるのです。


4.筆者がおすすめする味噌の選び方

市販品の中からおすすめの味噌を見分けるポイントを3つご紹介します。

①原材料がシンプルなもの

味噌の原材料は米や麦(麹の原料)大豆と塩のみです。それ以外の表記がないか確認すると添加物が含まれているのかどうか見分けられます。


②加熱殺菌されていないもの

加熱殺菌されていると麹菌が死んでいるからです。ただ、この加熱殺菌は記載義務がないので、味噌に出汁が入っているのかという所で判断していただけると良いです。出汁入りの物は加熱されている物が多いです。


③アルコール殺菌されていないもの

②と同様ですが、殺菌=麹菌の死滅です。


また、お味噌は発酵期間が短いものと長いものでは味が変わりますし、麹の量が多く塩が少ないものは甘めの味噌。逆に麹の量が少なめで塩が多いものは辛めの味噌と一般的に言われています。味噌もあなたの好みで味を選びながら調理することが可能なのです。


海外で実感した和食の素晴らしさ

左:1カ月後の味噌  右:2カ月後の味噌


まとめ

食生活の見直しに摂取してほしいのが発酵食品です。色々な種類がありますが、毎日継続できるのはやはり味噌なのではないでしょうか?味噌には嬉しい効能がたくさんあり、美肌効果もあるといわれていますよ。ぜひ日々の業務で忙しいナースこそ取り入れてほしい食品です。ぜひ今日から料理に使ってみてくださいね。


~ライタープロフィール~

【Tomoko】ナースLab認定ライター
富山県出身。日本で他職種(接客業)から看護師へ転職。高校卒業後は外国語専門学校へ通学していたため、看護師になる前から海外を視野に入れていた。臨床3年で渡豪し、ワーキングホリデーを経て2021年1月にオーストラリアの大学単位履修を終え卒業。
オーストラリア正看護師登録に必要な英語テスト勉強中の傍ら、アシスタントナースとして病院や施設に在宅看護を経験し働いている。現在は国際看護師を目指して奮闘中。
Instagram:https://www.instagram.com/mameshiba_sasuke/


メルマガ登録

おすすめ記事や最新情報をお届けします。

メルマガ登録

公式LINE

おすすめ記事や最新情報をお届けします。

友だち追加